2011年02月24日

困っている人がいたら助ける

2009/03/09

S駅周辺で道聞き課題5人、BK課題6人行いました。
BK課題してみて気付いたんですがGUCCIの鞄持っている娘は多いと思いました。
何人かは少し長めにBKしました。

小柄な体、黒い上着、黒く小さい鞄の女の子。上着をよく見るとフリルが付いていました。
ただ、BK課題はこんな感じで良いのだろうか?と思いながらやってます。
DMするために走ると、心地良い疲労感を感じました。

河木さんから通信教育メール頂きました。
先日S街で転んだ時誰からも助けてもらえなかった時の話で、
困っている人がいたら助けるように、という指導をして頂きました。
自分がどれだけ助けられているか振り返ってみました。
まずは自分が困っている人を助けられるように意識したいと思います。


posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 河木さんのナンパ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンパに遭遇

2009/03/08(日)

今日は河木さんからTVを観るように言われていたので昼頃までTVを観て過ごしていま
した。
普段TVを観ない生活をしばらくの間続けてたんで、久しぶりに観ると新鮮に感じまし
た。
観点を変えて観るとまったく違う面で面白いと思いました。

ジーンズや長袖Tなど購入した後
ローカル街で道聞き4人と課題Bを8人やりました。

○○課題はやってみると
人通りの少ない場所では自分が人目を気にしてしまって難しい、と思いました。
追い掛けようとした途中で振り向かれるとやはり躊躇してしまいます。
裏通りでは全身黒(夜の商売してる人かな)の女性に気付かれたのか、早足で逃げられました。

課題Kはどこまでできたか微妙な感じです。
tommy girlというブランドのバッグを持ってた娘がいたんで帰ってネットで調べました。

茶髪&巻き髪でグッチのバッグの子の真後ろを歩いてたんですが、
尾行課題やっている途中、右側から男がさっと寄ってきて前を歩いていた女の子にナンパを始めました(!)
これには驚きました。

「お一人ですか?」
「お名前なんて言うんですか?」
「間に合ってます」

興味しんしんだったんですが会話の全部はよく聞き取れなかったです。
女の子が笑いながらかわし、5-6ターンで男はあきらめてました。
ナンパした彼もナンパした女の子の真後ろにナンパのための課題をやっている男がいるとは
想像もしていなかったでしょう☆

posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 30代童貞のナンパ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

路上実習ナンパ塾 第七回講習

2009/03/07(土)

今日は路上実習ナンパ塾の 第七回講習をS街で1時間行いました。

S街に向かう前、ローカル街で道聞き12人行いました。

今週3度目のカップル(女の子が可愛い&優しい娘でした。
トイレから出てきた彼氏に「一緒に行こう」と言って、
誘導までしてくれました!)や、すごく反応の良い娘(教えてくれて最後に
「大丈夫ですか?」とにっこり笑ってくれました(^_^))

そのあと移動し、S街に着き、河木さんと雑貨店で合流しました。

最初河木さんの道聞きのチェックをして頂きました。
河木さんにどれだけ出来てるか聞くと
「キャッチ以前の問題だったけどこなれてキャッチに近いレベルになった」
と言って頂きました(^^;) ただ、向上はしているようで嬉しいです。

近況報告や質疑応答の後、新しく、○○の講習を行って頂きました。
今までは「道聞きの基礎を固める」日々で、道聞き課題自体は楽しんでやっていましたが、
本格的にストに近づくという事は嬉しく思いました。

「あくまで道聞きのためにやっているのでなく、ストのためにやっているという事を忘れないように」

と河木さんに言葉をいただきました。

また河木さんに○○の○○力を褒めて頂きました。
自分はただやみくもに、あまり考えずやっているのでそうなっていたんですが、
褒められたことは素直に嬉しいです。

休憩も兼ね河木さんとスムージーを飲みながら話をしました。
通信教育メールで教えて頂いた○○○○○○○○の言葉の意味も解説して頂きました。
ここでも河木さんが前から言っていた「目的と手段を見誤らない事が大事」と繋がっている、
という話が印象的でした。

posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 河木さんのナンパ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンション

2009/03/06

今日はS駅周辺で11人に道聞き課題を行いました。

途中、階段で滑ってしまい、左足を軽く打ってしまいました。
階段を滑り落ちてゆく靴。
ただ、転んでも誰も気にも掛けないし(T_T)
さすが大都会。
しばらくびっこをひきながら歩きました。

途中、声掛けようとして目が合った子がいました。
自分は途中で目が合った子は避けがちな事に気付きました。
よくよく考えると、見た目で「冷たそう」と思っても意外と反応良かったりするのに、
こういう子を避けるのはよくないですね。

HG入り口で化粧してて、
けっこう可愛い娘だなーと思ってSへの道聞き
(前に歩いていた男2人組が、その娘をナンパするのかと思いました)
割と可愛い娘だったので、声掛けられ慣れて冷たい感じかと思いきや、
元気いっぱいで愛想よく対応してくれました(^_^) 関西の子みたいでした。
「うち。。。東京分からん。。。」
「たぶん。。。あっちの方やと思うんですけど。。。」
「東京の人に聞いた方が。。。」
「すいませーん」
可愛い娘だし、元気の良い反応もらったんで嬉しかったです(^_^)
めっちゃテンション高い娘でした。すごく通る声で声の大きさに
しても完全負けてるような感じ
自分のテンションはまだまだ低いんだなと自覚しました。

posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 30代童貞のナンパ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。