2011年04月08日

特別な事じゃないと思えるようになってきた?

09/06/11

仕事は昨日よりは少し早めに終わって、薬局寄って買い物した後、
丁度眉をカットしたいと思ってたので美容院で眉を整えてもらいました。

自分は元々眉毛が濃くなりがちで、暫く髪を伸ばしていて美容院に行っていなく、
眉が暑苦しさ&濃さを増していました。
眉をカットしてもらってる間美容師さんとどの辺りに住んでるとかどこが住みやすいかとかの話しをしてました。
仕上がり見ると少しすっきりしました。
ただもっと細くするとか薄くするとかしないと気付く程じゃないのかも。

S駅周辺で道聞き5人、課題B7人やって声掛けしました。
小柄でワンピ、携帯を眺めながらゆっくり歩いてる20代中半くらいの女の子に
Mの裏道で声掛けました。

声掛けて反応なかったのでガンシカかなと思ったけど、3声くらい掛けたら丁重に断るようなリアクションがありました。
少し歩いて、ショートカットでTシャツ着た爽やかな感じの女の子が向かいの通り歩いてました。
声を掛けようとすると前から来る男3人組が目の前にいて、躊躇して声掛けませんでした。
この時は出るタイミング間違えたと思いました。

いったん手順やり直して再度声掛けすると返事してくれる(^_^)
S駅前からK前くらいまで並行トークしました。20歳って言ってました。大き目の
丸いイヤリングしてて笑顔が可愛い娘でした。
「お洒落ですよね」笑顔で「そんな事ない」と女の子は笑う。
「仕事は何やってるの?」と話し掛けると聞こえないというジェスチャで顔を近付けてくる。
喋るときはまだ意外と声が小さいことがあるようです。でも顔を近付けてくるのは嬉しい。
話し掛けると話聞いてくれているのが分かりました。
結局連れ出し打診、連絡先交換打診はかわされましたが、昨日に続き話せたし、
声掛けで笑顔が見れたので嬉しかったです(^_^)
意外に話し掛けても女の子は嫌がる訳じゃないんだなと思ったりしました。
話し掛ける程度なら特別な事じゃないと思えるようになってきたかも知れません。
posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 30代童貞のナンパ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。