2008年10月28日

情熱ヤングの対女性経験詳細年表


☆高校時代
別のクラスの小柄な娘Aを好きになる。初めて電話で告白するもAには別に好きな男がいて振られる。

同時期に自分の事を好きな娘がいるという話を友人から聞く。別のクラスのJ。活発な可愛い娘だった。
初めての彼女が出来る。手を繋ぐくらいで、キスもしなかった。1ヶ月程で振られる。
「元彼の事が忘れられない」と言われたが彼女の友人から「もっと明るい人だと思ってた」と彼女が言ってたことを知る。
「暗い」コンプレックスが出来る。

よく電話していた仲の良い女友達Mとしばらく一緒に受験勉強していて好きになる。
一緒に映画に行ってご飯を食べるも結局告白を地蔵したまま卒業して進路ばらばらになる
(何年かして、大学入ってすぐに彼氏が出来たMに
「実はあの時Mの事好きだった」と言うと「その時言ってよ」と言われる。)。

☆大学生時代
大学に入学するも、あまり学校に行かなかった。テニスサークルに入るも雰囲気に馴染めずすぐ辞めた。

友人が働いていた服屋によく来ていた年上のYを好きになる。
CDの貸し借りしたりして少しずつ話すようになって電話するようになり、電話で告白。
「嬉しい」と言われるもOKはもらえず。その後は返事もらえないまま何度か遊ぶ。
誕生日に家に来てご飯作ってもらうも何もできず。告白の返事を聞くと
「硬い感じがする」と言われ恋愛対象としてみていないと言われる。
しばらく連絡しないでいると彼女から電話がかかってきて自分はチャンスがあるんじゃないかと勘違いする。
しかし彼女と電話などで話した時は前の彼氏との失恋で寂しくて話を聞いて欲しいだけ。
ある日遊ぶ約束していたところをすっぽかされ街に出ると年上の友人と一緒に歩いていたのを目撃、
後日彼女の職場の近くまで行って問いつめると逆ギレされ関係を「切られた」。
本当に人生の終わりのように落ち込んだ。
ただ、しばらくした後彼女から連絡あり、数回メールして以降は会っていない。

同じく友人が働いていた服屋によく来ていたたまに自分から電話する年上の女の子の友達がいた。
その娘とは数回お茶する程度の友達という関係。
クラブで知り合った女の子とその場で仲良くなって後日お酒を飲みに行くも、積極的になれず1回会ったのみで
その後会う事がなかった。

☆大学卒業後
N県のリゾートアルバイトで同じ歳の女の子と知り合う。連絡先を交換し、現地で仲良くなるも、
東京に戻って連絡すると電話に出てもらえなくなる。

☆20代中頃
ソープランドで童貞を喪失。      
 
☆30代
出会い系で知り合った女の子とメールを数日やり取りし、2回程デートする。
女の子に女性としての魅力を感じられず、連絡を止める。

気軽に始めるナンパ塾を受講をする。
S街の地下街で初めてナンパ声掛けをする。
路上実習ナンパ塾の受講を開始する。

女の子と連絡先を交換出来るようになる。   

ナンパで数人の女の子とデートする。
カラオケで元デリヘル嬢相手に即日Hを達成し、素人童貞を喪失する。

ナンパでHゲットした女の子と短期間付き合う。

現在も河木ナンパ塾の受講を継続し、ナンパを続けています。


posted by jounyg at 11:03| Comment(0) | 情熱ヤングの自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。