2008年11月22日

「気軽に始めるナンパ塾」講習初日

今日は「気軽に始めるナンパ塾」の初日でした。
待ち合わせ場所に現れた河木さんは落ち着いた印象を持ちました。
効率的に講習を進めたいので、声を掛けるところを見せて欲しいという事で、
躊躇はありましたが、どんな声かけでも良いという事で声を掛ける事に。
S駅の地下街を歩き、
一人で歩いている女性にすれ違ったタイミングで河木さんが目配せし、
Uターンし斜め後ろから声をかけました。
「こんにちは」
結果は顔を背けて無視でした。
こういう風に声を掛けたのは生まれて初めてでした。
その後、カフェに入ってカウンセリングを受けました。
自分が高校生以来女の子とつきあった経験が無いこと、
その子ともHなしのまま終わったこと等を話しました。
河木さんはじっくり話を聞きながら、一言一言答えて頂き、大変落ち着いた印象を持ちました。
多く話す訳ではないが、行間で考えさせるような、そんな印象を持ちました。
大人しかったり元気の無い男性をどこか見下すような接し方を感じる事がなく、
こちらの話に、誠実に答えてくれたように思います。
カウンセリングを終えカフェを出る際、斜め後ろでお茶を飲んでいる女性を良く見ると、
さっき声を掛けた女性でした。

講習が終わり河木さんと別れ、
最寄の駅まで戻った後、3人に道聞きを行いました。

なぜ「気軽に始めるナンパ塾」を受講する気になったのか。

自分は人目を気にし過ぎる傾向があります。
自分のやりたいように、わがままに振る舞ったりするのでなく、
相手からどう見られるかを気にしてしまうようなところがあります。

高校時代に彼女ができましたが、1ヶ月程度付き合った後振られました。
彼女は自分の自信の無さが好きでない、
「○○君ってもっと明るい人かと思ってた」
との事でした。
大学時代に年上の女性を好きになり、告白しました。
その時は嬉しいと言ってもらえましたが、
曖昧な返事でごまかされながら、振り回されました。
結局告白後も会ってくれる事はありましたが、
関係が進展する事はありませんでした。恋愛対象として見ていない、という事でした。
その女性曰く「○○君ってなんか構えているような気がする」
その後ソープで童貞を捨てたので、素人童貞です。

自信を持った方がいいと言われる。
エネルギーを持ちたいが、自信が出ない。その堂々巡り。
「正しい手順で続ければ結果を得る事ができます。逆に、続けなければ結果は出ません。」
講習中の河木さんの言葉通り、行動によってしか自信は出ないような気がしています。

横浜町田ナンパブログを読んでいて、「なんか元気ないね」というフレーズが残りました。
「○○君っていつも元気無いよね」と言われた事もあったので、共感できました。
悩みながらも成長していく人がいたので、親近感が沸いたというのもあります。

posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 河木さんのナンパ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。