2011年02月02日

「気軽に始めるナンパ塾」講習2回目

2008/11/29(土)

今日は講習2回目でした。今日は路上実習の日です。
河木さんに会う前にウォーミングアップに3人の道聞きをしました。
○○○○のコーヒー屋で道聞き。カウンターの女性2人組で、2人とも可愛いく、丁寧に教えてくれました。
○○駅前で一人で歩いている女の子。どちらかというと無表情。
「こんにちは」といった時点でガンムシ。
あと一人は、一番楽なパターンですが売り子のお姉さんに道聞きしました。
その後河木さんとで合流しました。
「では行きましょう。」
○○駅前の○○前で1人目に声を掛けました。「こんにちは」と声掛けるも無反応でした。
○○前を移動し、○○屋の近くまで行き、2人目の
白いブルゾンを着たショートカットの女の子に声を掛けました「そのブルゾン可愛いですね。」
と声を掛けるも無視でした。
学生っぽい子に声を掛けると「急いでるので」という答えが帰って来ました。
た だ、河木さんに言わせると、それも反応が有ったと考えた方が良いという事でした。
通りをそのまま歩き、清楚な感じの子に声を掛けました。
「この辺でランチしたいんだけど、美味しい店知りませんか?」と声を掛けると立ち止まってくれました。
「ちょっと詳しくないので。。。」
「良かったら一緒にどう?」
「用があるので。。。」
今日は声掛けた中でも一番可愛かったです。

金髪のギャルっぽい子にすれ違いざまに声を掛けるもほぼ無視。
進路を変えて○○口に向かって歩きながら20代中盤くだいの女性に声掛け。殆ど無視(反応なし)。
道路を渡った所で背の低い女性に声を掛けました。一番話に付き合ってくれました。
「この辺でランチしたいんだけど、美味しい店知りませんか?」
「何系ですか?」
「イタリアンなら、その 角を曲がった所に有る、○○○が美味しいです。」
「良かったら一緒にどうですか?」
「私彼氏いるので。」
ヘッドホンをしたショートカットの10代くらいの女の子。
「今日どこから来たの?」
「ちょっと急いでいます」
ショートヘアでタートルネックの女性に声をかけるも
「いま急いでいるので」

路上実習が終わり、
ハンバーガーショップへ。
「表情が無い」
「声が小さい、聞き取りにくい」ということ。
自分のコミュニケーション能力の低さ、レベルが低いという現実をつきつけられました。
自分のナンパの実力を偏差値で言うと「35くらい」との事でした。
河木さんには自分にコミュニケーションにおいてナンパ以前の問題が大きい事、
まず声を大きく喋る練習をするように課題を頂きました。

この日は9声掛け、電話番号交換、連れ出しともに0でした。
不器用ながらも9人に声掛けできたのは、河木さんが近くにいるというのが大きいでしょう。
自分の中では9人に声掛けできた事自体の喜びと、
コミュニケーション能力の低さに気づかされたという2つの相反する結果が得られた日でした。
ただ、悩んでいても始まりまらないし、前向きに捉えています。


posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 河木さんのナンパ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。