2011年03月12日

本当にデートしたいと思って話しているか(路上実習ナンパ塾 第19回講習)

09/05/06

今日はS街で路上実習ナンパ塾の第19回講習を1時間受講しました。
今日は昨日に続いて雨だったんですが、連休という事で、旅行中の娘が多く、SDから来ている娘、
講習中には4人の女の子と会話できたんですが(講習前には1人)、連れ出し、番ゲまでは至ってません。
河木さん指名の女の子に声掛けし、修正点を逐次指摘して頂くいつものやり方で声掛けしました。
声掛けの途中課題HKが若干○○に○○○んでいてHKになっていないし、話し掛ける位置取りがまだ○○という指摘を頂きました。
河木さんに位置取りまで手で誘導してもらいながらの声掛けもしました。
途中、河木さんとLEのトイレに行った際にすれ違った小柄で華奢な感じの女の子に河木さん指名で声掛け。
大学3年生で、Cから来て、友達と待ち合わせているそうです。転んで捻挫をしてしまったらしく、足はびっこを引いていました。
華奢で可愛らしい女の子で、わりと反応は良かったんですが、結局この娘も連れ出し、番ゲは出来ませんでした。
彼女は「本当にごめんなさい」と言いながら待ち合わせ場所に向かって行きました。
次にHGに立っている人待ちの女の子に声掛け。24歳の保育士してる娘で、友達を待っているという事でした。
連れ出し打診はNGで、連絡先打診しようとすると、「携帯電話が無い」と言われてしまいました(^^;)
結局少し話した後そのまま別れました。
その後河木さんから「本当にデートしたいと思って話してますか?」という指摘をされました。これはかなり痛い所でした。
大学3年生の娘は好みタイプでデートできたら嬉しいと思ってました(ただ、引き下がるのが早過ぎかもしれませんが。。。)が、
「ちょっと。。。」という反応を見せられたらすぐ身を引いてしまっていました。

例えば製品を例に取り、「別に買われなくてもOK」という対応をするお店と
「どんなに小さいものでもお客様に買ってもらいたい」という対応をするお店と、
同じ商品ならどちらのお店で買い物をしたいか?という話。
自分の場合、全般的に「絶対にデートに持ち込む!」という意気込みが足りていなかったんじゃないか、という気がしています。
自分を会社(商品が売れていないという問題を抱えている。また、技術的レベルも低い。
客観的に市場でどう見られているかを把握できていない)に例え、
営業(ナンパ塾の例え)の仕方について、一人の営業は最新の技術を推していれば宣伝して売る必要は無し、という営業、
もう一人の営業は「この技術は情熱社では無理、最新の技術でなく地道な技術だが、
確実にできる技術を推した方が良い」という営業(嫌われてしまうというリスクがある)。
営業の方針として、どちらが適切か?自分が情熱電気の権利者の場合、どちらの営業を採用するか。
後者の意見を聞いた場合、どういう心の動きになるか。
講習はそこで終了となりました。
河木さんの話は考えさせる部分が多く、この話の意味とデートしたいという気持ちの弱さの話しが直接どうつながるかは分かりませんでしたが、
心情について考える事が課題となりました。

昼食後、喫茶店で日記を書いた後、カラオケで1時間程発生練習をして、課題Bを10人程やって、
15人程スト声掛けしました。スト声掛けで反応があったのはうち4人でした。
結果には繋げられてないんですが、声掛け前のカラオケはテンションを上げるのには良いように思いました。
腹から声を出すことで、ストのモードから離れている時でもストのモードに切り替えられるように思いました。
振り向いて声を掛ける際急いで声を掛ける感じだったんですが、少し○○○で声掛けしてみると、
落ち着いて声を掛ける事が出来るような気がしました。
声を掛けて目が合うまで相手の反応待つ。
これまで最初の声掛け時に当たって砕けろ的な声掛けになってしまっていて、相手をよく見れていなかったように思います。
正直ガンシカ率が多いのは何とかしたいと思ってます。
これだけガンシカ率が高いのは態度と見た目がまだまだ問題あるのでしょう。
女の子の警戒を解く上でも、女の子と楽しく話す事を忘れているような気もしますが、
ただ、いまは課題を正しくをやるという事において不完全なのでそれに集中します。


posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 河木さんのナンパ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。