2011年04月06日

会話が始まると課題を忘れてしまっている

09/06/07

今日はローカル街で、夕方から出撃してきました。
道聞き4人、課題B6人やって2人にナンパ声掛けしました。
1人目はピンクのTシャツの20代前半な女の子で
ブランドショップで買い物した帰りっぽい感じの女の子に声掛けるもガンシカでした。
階段上りながら声掛けたんですが、ちょっと○○感、○○○○が少しいまいちな感じでした。

2人目は白基調の背が高い大学生くらいの娘に声掛けました。
「はい!」
と良い返事をする健康的な雰囲気の、あまりすれていない感じの娘でした。
服装からするとすごくお洒落という訳でもないけど、
髪型はポニーテールで、笑顔がかわいい感じでした(^_^)
D3生で、これから友達と会って食事するそうです。
10数メートル会話しながら歩いて、駅まで来て
「もう友達とここで待ち合わせてます」というので
いつものようにお茶打診は
「もうすぐ友達と会うから駄目」
番号交換打診には
「そういうのは駄目です」
と言われそこで別れました。
あまり粘ってはいませんが、とりあえず話出来たんで満足して楽しく終わりました。

まずは最初にこんな感じで会話できる確率を増やしたいところです。
まだ道聞きではできても声掛け時の会話の時にクリアできてない課題があるので
(会話が始まると一部忘れてしまってる)
むしろそっちを上手くできるように固めたいところです。

しばらくしてから駅を通ると、声掛けした女の子が男と手を繋いで駅の改札に向かってました。
「彼氏」じゃなくてなんで「友達」なのか、不明なところでしたが。。。

posted by jounyg at 00:00| Comment(0) | 30代童貞のナンパ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。